音楽スタジオ

スタジオ設備~電源編~

当録音スタジオでは、

シンプルでクリアな音を目指しています。

 

そのために導入した設備として、

 

安定したピュアな電源設備 があります。

まず、母屋の分電盤とは独立して、

スタジオ用の分電盤を取り付け、

アースも、しっかりと地面に打ち込んであります。

 

また、

スタジオ内に200Vの電源を引き込んで、

ダウン&アイソレーショントランスを導入しています。

ダウン&アイソレーショントランス 200V用

 

この機材は、素晴らしい性能です!

このトランスから電源をとると、
スピーカーのノイズであったり、
キーボードのライン出力のノイズが、消えてなくなります。

 

録音の際には、

アポジー というメーカーの アンサンブル という、

 

アナログをデジタルに変換する

A/Dコンバーター&マイクプリアンプ&オーディオインターフェース を

使っています。

この機材は、アメリカ製のもので、
アメリカでは、電圧が日本より高く設定されているため、
本来の機材の性能を発揮するためにも、

このアイソレーショントランスからの

115V出力の電源を使っています。

 

雑音がなく、きれいに録音することができます。

-音楽スタジオ

Copyright© 緑豊かな地球を愛する自給自足シンガーソングライター小濱達郎 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.